梅雨時の髪の毛は、心のバランスを微妙に傾きます。

12歳位の頃から、自分の髪の毛が癖毛だと意識しはじめました。微妙に動く毛先が、毎年梅雨時には、天然パーマがかかるのです。ねえパーマかけたの?とか、もしかしてウィッグですか?もちろん女の人にです。声かけるほうも話しかけ易いエレベーターの中で2人きりとか、コピー機の前で立っていたら後ろからとか、見られてます。コロナ禍中出勤者数も減っていますが、立ち姿、ヘアスタイルは気にします。薄毛と、地肌マッサージはyou tubeで検索します。

http://www.togari-sunverde.com/

何が良いかシャンプーも、トリートメントもいろいろ試して、年代別に変えてきました。10代は花王のシャンプー20代は、香り重視の資生堂、30代は、美容院オススメのケラスターゼ、40代はナチュラルにシャンプーしない波だけど、やっぱりヴィラロドラレノーボ にかわり、もうソロソロ馬油シャンプーに変わりつつあります。
現実には、白髪の混じりの毛の柔らかさと頭皮の硬さには、ツボマッサージが欠かせません。80歳になる姑と同居していた20年前を思い出しました。

数日間、数週間の一時の事ではありますが、鏡の前で両手で頭皮マッサージをして白髪減ったと一緒喜んだりアロエベラの美容液の作り方を語りながら、わきあいあいとしていた頃を思い出しました。と私も50代になりました。梅雨時は、まだ天然パーマがかかります。