巻髪つくりも熱さに耐え

最近はやりのヨシンモリ、韓国風巻髪にチャレンジしようと思いたった。http://www.djembes.org/

昨年からロングヘアを目指して伸ばし始めた髪も、そろそろセミロングくらいにはなってきたところだ。この韓国風巻髪は、髪の長さがそこそこないとできない。それだけではない。大前提としてヘアアイロンを使いこなしていなければならないのだ。

これまで使っていたストレートアイロンとカールアイロンが一体となっているヘアアイロンもそろそろ寿命がきていた。韓国風巻髪のために、新しく32ミリごてのアイロンを買った。だが、これまでもヘアアイロンでストレート機能しかつかってこなかったからか、まったく巻けない。内巻き外巻きもおぼつかず、アイロンのこてで挟むと奇妙な曲がり方をしてしまう。

そして、熱い。難しさから、Youtubeで美容系の動画をみて、練習をはじめた。Youtuberたちはアイロンに慣れている様子で、あの高温のアイロンが首元や耳の近くにあってもやけどをせずにうまくカールをつくっている。慣れればこんな風にアイロンを使いこなせるのか……?  動画をみながら練習した成果から、内巻き外巻きのやりかたはなんとなくわかるようになったが、まだまだ、思ったようなカールがつけられない。そしてまだアイロンは怖い。日々練習だ。