子育て中のパートの難しさ

自分今5人の子供がいる36歳。上二人は中学生、下三人は保育所に通っています。一番下の娘が保育所に行き始めたので自分も外で働こうと思い比較的融通のきく農園でパートとして働き始めました。会社はおばちゃんたちがたくさん働いていてシフトも自分の都合で組めるのでとても働きやすい会社です。

会計freeの本音口コミを専門家の私がレポート!愛用者の評判

私が5人の子供がいること、小さい子供がいることはみんなが知っていたので発熱などの急な休みでもみんな分かってくれました。順調に働き始め、しばらくここの会社で働けそうだと思っていた矢先、4番目が発熱。時期は春先でなぜかRSウィルス性の風邪が大流行!!この四番目、産まれたばかりの時にRSウィルスで重症化し、細気管支炎を起こし入院した経験があります。そのため私も仕事を休んで付きっ切りで様子を見ていなければなりませんでした。この時点ですでに一週間ほど仕事を休んでしまいました。

感染力の強いRSウィルスは次々と家族中に蔓延。小さい子供三人がかかりとうとう二週間もの間仕事を休んでしまいました。それから最終的に自分に回り、ついに三週間。毎日毎日休まなければならない旨を会社に連絡し、了解しましたの返事待ち。

その後出勤したもののみんなの態度は変わり、話す人もいない状態になってしまいました。それから間もなく会社を退社せざるを得なくなりました。やはり、子供が小さいときに働くのはとても大変なことだと実感しました。

仕事での人間関係を改善する方法

今回は、仕事での人間関係を改善する方法を3つ挙げたいと思います。
①挨拶は、しっかりと丁寧にする。
②相談できる人を1人でいいのでつくる。
③嫌いな人の良いところを探す。

退職代行 嫌がらせ

まず①の[挨拶は、しっかりと丁寧にする]ですが、これは簡単なのですぐに実行できます。もし、嫌いな人が挨拶してくれなかったとしても、根気よく続けていくことが大切です。継続することで相手も嫌な気持ちはせず、好意的になり人間関係はよくなります。

次の②[相談できる方を1人でいいのでつくる]は、長期的に人間関係を改善していくときにとても重要です。悩みを話せる人がいることで、心にゆとりがもてます。そのゆとりが、人に対する思いやりや、優しさにもつながるので自然と人間関係はよくなるでしょう。

最後の③[嫌いな人の良いところを探す]ですが、個人的にはこれが一番難しいと感じます。
なぜなら、そもそも嫌いな人とはなるべく話したくないし興味もないからです。しかし、ここを我慢して相手の好きなことや家族のことを聞いたりして共通点を見つけます。そうすることで、会話が広がり良いところも見つけやすくなります。最初は、苦痛かもしれませんが
人間関係の悪い状態が続くほうがストレスになるので、試してみる価値はあります。

もちろん、これらの3つのことを実行しても、全てがうまくいくわけではありません。どうしても相性が悪い人はいるので、完璧を目指さず、できる範囲で続けていく心の余裕が大切なのかもしれません。