ニキビとさよならグッバイ

私は二十代後半で、十代の頃からニキビに悩まされていました。

シロジャム

最初は思春期ニキビだからと何もケアもせずにほったらかしていました。

その結果二十代に入りニキビが治るどころかどんどん増えてしまってちゃんと洗顔や肌のケアをしないとダメなんだと思いました。まず初めに、市販で売ってる洗顔を使い試してみましたが効果があまりなくその後ネットで調べ皮膚科に行くのが一番良いと書いてあったので近くの皮膚科に行くことにしました。皮膚科で診断をしてもらい、塗り薬を処方してもらいました。

皮膚科の薬を処方してもらう時に注意として一週間くらいは赤みや乾燥など肌のトラブルが出るとの事でした。使い始めて二日だった頃に確かに赤みや肌のヒリヒリする感じなど少しずつ肌に出てきました。個人差はありますが人によっては耐えれない人もいるみたいです。

私は何とか耐えれて一週間くらいだった頃に肌のトラブルも治まっていき、ニキビを少しずつ完治していきました。しかし薬も無くなりニキビも治ってきたのでまた、ほったらかしにしているとニキビが出てきてしまいました。皮膚科にまた行ったらやはり肌のお手入れは一番大事と言われ、今は、塗り薬と自分に合った洗顔を色々試してる最中です。

私の髪の毛は傷んで女性らしさが失われています。

私は昔に比べて髪の毛がものすごく減ってしまいました。http://www.brila.jp/
だからものすごく髪の毛が傷んでしまって困っています。

それに昔に比べて結構いろいろなことがしんどいなと思ってしまうことが多くて辛いです。正直言うとなかなか思い通りにいかなくて困っているということと結構人一倍いろいろと頑張ってはいるのですが正直つらいということが挙げられます。結構私は個人的に髪の毛のことって気になってしまっていて正直何をどうしたらいいのかというのがよくわかっていません。それにこのままどうして行ったらいいのかというのもわかりません。

仕方がなく毎日のようにいろいろと髪の毛に良いことをしてはいますがやっぱりそれなりにいろいろと大変だなと思ってしまうことが多いです。なんとなく今の状態が嫌なのでどうしたらいいのかというのを感じていますがそれで余計に髪の毛に良くないことをしてしまっているということを感じているのでこのままどうして行ったらいいのかという前向きな気持ちを考えていこうと思います。

そして神音家にもう少し女性らしさを出せたらいいなということを感じています。少しずつ少しずついいことを始めていくときっと良い状態になれると思っています。

理想の肌にするために

 自分の肌に関心を持ったのは中学生のときだった。思春期特有のオイル肌にもかかわらず安い洗顔のみで対応をしていたある日、額に大小さまざまな奴らが現れた。そう、ニキビである。今まで鏡すらろくに見てこなかった私は、突如現れたニキビにパニックを起こした。放置すれば段々と白い膿が溜まっていき、偶然触れただけでも痛くなる。その痛みから逃れようと、私は禁忌を犯してしまった。私がニキビを潰していくのを見かねた母は私を皮膚科へ連れて行った。

ちゅらかなさを辛口評価!効果や私の口コミ体験談を本音でレポート!

「顔を洗いすぎてもよくないよ」と私からすれば少し的外れなアドバイスを言われながら、飲み薬(たしかビタミン剤)と塗り薬を処方された。この飲み薬が素晴らしい効果を発揮したのだ。顔に日焼け止めを塗ることにすら異物感を感じる私は塗り薬をしょっちゅう忘れていたが、飲み薬だけは欠かさずに飲んだ。その結果、数えきれないほどのニキビは日に日に数を減らしていき、飲み薬が無くなるころにはせいぜい2、3個程度にまで落ち着いた。母からも「年頃だから」と言われていたため、ニキビの撲滅にはこだわらなかった。ニキビを潰すことも無くなり、今では額にニキビが出ることは滅多に無い。

 しかし、肌トラブルはニキビだけでは無い。ここ数年私が悩んでいるのは毛穴である。
 今になって、中学生の頃にニキビなんてピンポイントにこだわらず、顔全体の様子をもっと確認していればよかったと後悔している。今私を悩ませている毛穴は、オイル肌だった中学生の頃にはすでに開き始めていたはずだからだ。化粧水を使い始めたのがここ数年のことで、それまで私の肌は暴力と言っても過言ではないほどの状況であった。ケアをされない肌は段々と引き締まることを忘れ、その空間には埃や汗など様々な汚物が収納されていった。そうして出来上がったのが開いて黒ずんだ毛穴である。

 そもそも私が肌のケアの必要性を実感したのはメイクを始めたことがきっかけだった。メイクをするために今まで見てこなかった自分の顔をまじまじと観察すると、「おや、これはメイクで隠しきれるのか」と首をかしげてしまうほど肌が荒れ果てていたのである。すぐさま私は相棒のiPhoneで肌のケアを調べた。毎日毎日調べ、ようやく私に必要なケアにたどり着いた。ずばり、「クレンジング」と「保湿」である。「いや、それ当たり前」。そう思う人もいるだろう。しかし、私はその基礎すら知らなかったのだ。

 クレンジングや保湿も様々な商品があり、どれが自分に合っているのかわからなかった。洗顔とクレンジングが一度にできるものも試したし、DUOを使ったこともある。DUOは確かにメイクはすっきりと落ちたが、私にはそれだけでは足りないようで、2、3か月続けたが全く変化が無かった。まぁ、現状維持はしていたので悪い商品ではないのだろう。そんな私が今愛用しているのがFANCLのマイルドクレンジングオイルである。まるでPRのような口調だが、そんなことはない。

 マイルドクレンジングオイルはその名の通りオイルタイプのクレンジング剤である。しかし、オイルではあるがさほどべたつきは感じない。むしろさらさらとしているため目の周りに使用するときはしっかりと目を閉じないと垂れてしまうほどだ。一度DUOに浮気をしたが、私にはマイルドクレンジングオイルが必要だった。再び使い始めて半年が経つが、鼻の黒ずみが目立たない日が増えてきている。その日の肌の調子では黒ずみが目立つこともあるが、全てを流し終えた風呂上りに鏡で自分の顔を見ることが楽しくなってきた程度の肌にはなってきている。
 現在保湿は無印良品で揃えているが、正直肌が潤っている感覚はあまり無い。それでも無理やりでも吸引するように肌に言い聞かせながら毎日使っている。
 私の肌に必要な「クレンジング」と「保湿」のうち、「クレンジング」は現在のまま継続していこうと考えているが、「保湿」に関してはこれからも試行錯誤が必要だと日々悩んでいる。30歳には理想の肌に仕上げたいものである。

私の髪の毛はぺしゃんこです。

私の髪の毛はふさふさしていなくてぺしゃんこです。なのでとてもいやな感じです。ヘアージュ

それにとてもいやだなと感じることが多いのです。なので私はあまり人に会いたくありません。今日も私は髪の毛がこんなにぺしゃんこの中、たくさんの高校生や出勤途中の人がいる道路をたくさん歩かなければなりませんでした。

正式に言うと、自転車なのですが、本当を言うなら、私はあまり外出がしたくありません。その理由は、やっぱり自分の髪の毛がものすごい状態になっているからなんですよね。だから私はあまり人に会いたくないのです。なので私はあまり人にいろいろ言われたくありませんし、人にとやかく言われたくありませんので人目を避けているという感じです。私は正直いろいろとしんどいです。それにとてもつらいです。それにとてもいやな気持ちでいっぱいです。

どうしようもなくしんどいため私は本当に家にこもっていたいような人間です。それに私はとてもいやですしとてもつらいなと思うことが多いのです。すごく嫌です。すごく辛くてどうしようもありません。

私はこれからどうしていったらいいんだろうという気持ちになります。それにとてもつらい思いでいっぱいになります。なのでこれから先どうして行ったらいいのかということがとても気になって仕方がありません。

出先で何も使わず口臭を消す方法

水分摂取不足、緊張状態など、口の中が乾燥気味の時に嫌な臭いの口臭が発生する。

http://coworkniagara.com/

私は営業職だが、新人時代に取引先企業に対し初めてプレゼンを行った際、ど緊張状態で口はパサパサ、話しきるので精一杯な状態だった。

無事にその場は終了したが、同行して下さっていた先輩より帰りの車内で

「君のためを思っていうが、プレゼン中すごい息が臭かったよ、幸いお客様と距離があったからセーフだったと思うが至近距離なら商談結果が変わるレベルだよ。きちんとケアしなさい。」と言われたことがある。ストレートな指摘に純粋にショックで恥ずかしい思い、嫌な指摘をさせてしまったという申し訳ない思い、その後の車内の気まずい感じ、忘れられない思い出になってしまった。

定期的に歯医者さんへ行き、メンテナンスを行うことで口臭のリスクはかなり下げれるのだが、

それでもなお、自分のタイミングで水分を採れない場面や、極度の緊張など口内が乾燥してしまうことがある。

そういった際に、口臭を消す方法が、舌グルグル だ。

舌グルグルとは、その名の通り、閉じた口の中で舌を可能な限り大きくグルグルと円を描き回転させることであり、

20回転もすれば唾液がかなり分泌してくる。この唾液が口内乾燥状態を脱出させてくれことになり、嫌な口臭も低減させてくれる。

もし出先などで水分を採れず、口がパサパサして口臭に不安を感じた際、緊急処置として是非一度お試し頂きたい。

ニキビについて

はじめまして、20代後半のチャッキーと申します。男性です。

私は14歳〜19歳頃まで酷い思春期ニキビに悩まされました。

親も昔かなり苦労したとのことでしたので、遺伝的な要素が主な原因と推測されます。多感な時期にニキビで顔が覆い尽くされているのは絶望的で、今はコロナの影響でみんなマスクをしていますが、10年前に私は夏場でも顔を見せるのを躊躇い、基本的にマスクを着用していました。

当時のエピソードとして、大学に合格したので自動車教習所で普通免許取得をしにいったのですが、人工呼吸等の実習の時にマスクを取るのが嫌すぎてマスクをつけたまましようとして、教官の方から注意を受けたことがあります。

街を歩く50代くらいの男性を見た時に「この人の肌と入れ替われたらどれだけいいか」と真剣に悩んだこともあります。

現在20代後半となりました。さすがに当時ほど新しくできるニキビは多くないですし、マスクなしでも人と話せる程度にはなりました。http://www.boedo-tango.com/

そんな私だからこそ、ニキビに悩む方々にお伝えしたいことがあります。

治療・気をつけること・心の持ち方の3点をお伝え致します。

治療についてですが、皮膚科・クリニック・民間療法すべて試せるものは試しました。1回2万円くらい掛かる高額のクリニックに行くために祖母からお金ももらっていました。しかし私にはすべて効果がありませんでした。

気をつけること

ネット等でも度々言われていることだと思いますが、ニキビを潰すことは本当にNGです。当方は痛みから逃げるため、できる度、潰しておりました。。

その痛くて辛い気持ちはとてもわかります。ただ、跡になるのと数年我慢すれば軽減することに一生をかけることになりますよ。

ちなみにこれは豆知識ですが、部位別で言うと、鼻・おでこ・口周りは潰したとしても肌のターンオーバーが活発な為、そこまでの跡にはならないように感じます。

最後に心の持ち方についてです。

難しいとは思いますが、「時間が解決してくれる」と考えてください。

特に思春期ニキビは恋愛等を本気で楽しみたい時期に大きな障壁となりますので、あの辛さは例えようのないものです。

しかし恋愛できないのであれば、その時期は我慢の時期と割り切って自己投資、

つまり勉強・稼ぐ力を身につける等自分の内面をこれでもかというくらい磨いてください。いい大学に入ることで人生の選択肢も広がり、恋愛にうつつを抜かして自己研鑽をしていない人とかなりの差が開きます。

将来お金を稼げる状態になれば、先進美容治療等でニキビとおさらばできることも視野に入ってくるかと思います。

上記した内容は

10年ほど前の体験談となるので、今新しい治療法等が確立されている場合は、

情報収集の上、そちらお試しください。

この文章が思春期ニキビに悩んでいる方に届きますように。

ニキビが出来てしまった時に考えること

肌トラブルには、ニキビがありますが顔に出来る事が多くて目立ってしまう事があります。

特に大きなニキビや小さいニキビでも数が多くなると見た目が悪くなってしまうのでちょっと困りますよね。私も、おでこにニキビが少し多く出来てしまった事があり、ちょっと心配になった事があります。そこで、ニキビが出来してしまった時には、どのように対策をしていくのかを考える必要があります。ニキビを放置して自然に治ってしまうケースもありますが、今よりもひどくなってしまう事も多いので放置するのはあまりおすすめできないです。

ニキビができているという事はそれだけ肌環境が悪くなっている可能性があるからです。

http://www.stevenclarey.com/

そこで、まずなぜニキビができたのか原因について考える必要があります。

例えば、夜寝るのが遅くて寝不足になっている場合だと寝不足が原因である可能性があります。また、肌のケアをまったくしていない場合は、ケア不足になっていてニキビ菌が増えやすい環境である可能性が高いので、肌環境を良くしていく事を考える必要があるでしょう。原因をある程度特定する事ができれば、その原因を取り除くとニキビ改善につながる可能性が高いので原因を突き止める事が必要でしょう。

お肌の悩みを解決する方法、それは毎日を丁寧に過ごすこと

お肌の悩みってありますか?

私は、あります。

色が白いだけが自慢でしたが、最近はしわが・・・シミが・・・。

20代の頃に日焼け止めをしておくべきだったと反省をしてもすでに遅いですね。

ずぼらな私が、最近、気づいたこと。

それは、お肌のためにはよく眠ることだということを知りました。

そんなのあたりまえだろう?

もちろんです。

しかし、最近は、毎日の仕事の関係でやりたいことを深夜もしくは早朝にする生活に変わりました。

もちろん、完全に睡眠時間を削っているわけではありませんが、時間の調整の関係か寝たり起きたりの繰り返し。

寝だめができないということは知っているけれど、休日はたくさん寝てしまっています・・・これって睡眠負債?

http://www.restaurant-lezazaclub.com/

・・・話を戻して。

たくさん寝たら肌がしっとりしていることってありませんか?

化粧水もすーっと入っていく感じがするし。

逆に、寝不足の時は化粧のノリが最悪。

やっぱり、睡眠が大事ということです。お肌のためには。

化粧水に関しては、毎日朝と夜にするべきなのが、たまに手抜きしていたりするのが事実。

良くないということは知っているけれど、化粧を落とすことに精一杯で・・・。

そんなずぼらな方にはお勧めなのがオールインワンジェル。

化粧水、保湿、日焼け止め、下地、すべてそろっているから時間も削減できます。

少しでも肌の手入れを気にしたい方へ。

毎日の過ごし方を少しだけ丁寧にしたら、劇的に変わりますよ。おすすめです。

10年後のシミにご用心!

まだ若いし、UVケアしてるし、シミなんて気にしないわぁ~って思ってる方。

nicoせっけんの口コミと効果を暴露!

私も10年前はそんな感じで気にもとめていませんでした。

その当時の日常は平日は屋内勤務の仕事をし、週末は子供の野球チームの父母会での

サポートとして毎週屋外にいました。

早いときは朝の6:30頃から子供たちと一緒に集合します。練習試合でのサポートをして帰ってきたら、そのままグランドで夕方まで練習をするというスケジュールです。

なんと長い時はグランドに10時間位いるわけです。もちろんUVクリームを入念に塗って、日傘もUVカットの物を使用していました。ただ、テントの設営や、お茶出し、

片付けなどの作業を行うときは日陰にばかりいるわけにはいきません。

帽子もツバの大きな物を使用していましたが、直に紫外線を浴びる時間は意外に多かったと思います。

7年程紫外線を毎週末浴び続ける日々が続いたのです。子供たちも野球から離れ、毎週グランドに行く日々からは解放され、仕事は屋内だったので、日常的に紫外線を浴びるといったことはなくなりました。

その時点で肌の調子は特に問題なく、目立ったシミもありませんでした。

それから10年近くたった現在。右頬、左頬

両方の頬に2㎝程のシミがしっかり出現しています。UVケアはしっかりしていたと思っていたのに。

自分が思っている以上に肌はダメージを受けていたということでしょう。

UVケアだけでなく、その後の保湿などのケアも同時にしっかりしてあげないとダメだと痛感しました。

みなさん、10年後落胆しないようにお気をつけください。

30代後半 お肌のハリ問題

私は20代のころから美容皮膚科に通い、レーザー、美容点滴などの施術を受けてきた。
内側からも何かしらのアプローチが必要だと思い食生活では毎日スムージを作りバランスの良い食事を取り、
化粧品類も肌に負担のかかるものは避けてきた。

透輝美を使う効果!

もちろん紫外線対策もだ。
36歳の今、肌にシミ、しわはほとんどないのだが、20代の時に比べて圧倒的にハリがないない。

私の職場はほぼ女性が占めおり、毎年若くて可愛い新人さんが入社してくる。
その子たちの頬のハリを見ると、シミやしわを消して、美白レーザーを当て肌のみを綺麗に保ってきても
叶わないものがあるのだと実感させられる。

それならヒアルロン酸やフィラーなどを入れればいいと言われそうだが、
30代で注入系に手を出してしまうと80歳まで生きるとするとそのあとの約40年次の選択肢が少なくなってしまうため躊躇してしまう。

そこで私が始めた当たらなアンチエイジ策は美容針だ。
これは筋肉に直接アプローチし、即効性、期間を開けずに施術を行えば持続性にも繋がる。
今のところ効果には満足している。
しかしまた数年内に同じ悩みをもつだろうとも感じている。
自分自身の老いを受け入れ、年相応に年齢を重ねていくことを楽しめるようになれるといいと思う。